Cliplife 日本の無料動画共有サイトを徹底比較



INDEX



更新履歴



SEARCH





Cliplife

Cliplife

Cliplifeの特徴

動画がカテゴリ別に分けられているのはわかりやすくていいが、人気順で動画が並べられていないのが難点。


Cliplifeの動画の読み込みスピード再生速度

問題なし。


Cliplifeの機能

タグ、ブログパーツ

国内無料動画共有サイト一覧
ClipCast Cliplife ask.jpビデオ
FlipClip Flux i-revoマイポータル
I'm Vlog mooom.jp MOVIE CASTER ムービーキャスター
VOLUME ONE PeeVee.TV みなくるビデオ
Ameba Vision Movizo ワッチミーTV
フォト蔵 excite ドガログ EbiTV! えびテレビ
RAGUUN ラグーン Livedoor Pics


国内の無料動画共有サイト

現在国内だけでも上記のように大量の無料動画共有サイトがアップされています。 国内のサイトのほうが著作権に対する意識が厳しく、著作権に反する動画は投稿されても すぐに消されてしまいます。日本の動画サイトでは特に明確な差はなく、各社今後どう変化させて いくのか注目です。 動画は無料で提供しているため、収益化できているサイトは1つもなく、 大企業が資本をつぎ込んでいる状態です。 工夫をして収益モデルを作らないと今後続々と潰れていきそうです。

無料動画共有サイトとは?

You Tubeでおなじみの、一般のユーザーが動画をアップして、それを他の人が見ることができるというサイトです。



無料動画共有サイトの歴史

GoogleがYouTubeを買収したことで無料動画共有サイトの認知度が上がりました。国内でも2006年に入ってから続々とサービスが 開始されています。TV局などの大資本がサービスを始めていますが、まだ収益化できているサービスはなく、 今後どうなるのか気になるところです。



無料動画共有サイトの楽しみ方

無料動画サイトでは、検索してお目当ての動画を探しましょう。 ソーシャルブックマークなどで注目されている動画を見てみるのも良いです。 検索すればTV番組からプロモーションビデオまで大抵の動画が見つかります。 海外のサイトでも日本語で検索できるところもありますので、海外のサイトもチェックしてみてください。

これらは著作権を侵害しているのですが、海外の無料動画共有サイトの運営者はしっかりと管理してません。 著作権を侵害している動画を完璧に排除していたとすると、ここまで動画共有サイトは 流行らなかったでしょう。素人が撮影した動画で面白いものもたまにありますが、それは ごく一部で、ほとんどのユーザーがTV番組や映画などを探しています。清濁あわせもっているのが YouTubeのような無料動画共有サイトが人気を持った理由だと思います。





国内無料動画共有 海外無料動画共有 無料動画共有の現状 無料動画共有の使い方 無料動画共有コラム 無料動画共有ツール サイトマップ 管理人 リンク集1

Copyright (C) 2006 無料動画共有サイトを徹底比較 , All rights reserved.